細菌飛び散るリスク低減、手指の水分吸引するハンドドライヤー

  • 0
  • 2

サクラシステムプランニング(東京都中央区、東竜一郎社長、03・3270・1733)が開発した「CRENA(クレナ)」は、エアゾールが飛び散らない“吸引式”のハンドドライヤー。細菌を含んだ空気を手洗い場に拡散するリスクが低く、清潔な環境を保つ。

手指の水分を空気で吹き飛ばす従来のハンドドライヤーに比べ、「細菌制御や感染拡大防止に有効だ」(同社業務支援グループの三浦寿朗次長)。内部には高性能のフィルターを搭載しており、99・97%以上の細菌捕集率を備える。

研究施設や工場向けで本体がステンレス製の「CRENA FF」と、樹脂製の汎用モデル「CRENA」の2種類を発売した。1日当たりの利用者を200人と想定した場合、ペーパータオルに比べ維持費用を月に約7000円抑えられる。販売価格は30万円前後になる見通しで、全国の医療機関を中心に年間100台の売り上げを目指す。

日刊工業新聞2020年4月27日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる