環境省「レッドリスト2020」、国内の絶滅危惧種が40種増加

絶滅危惧I類にシベリアイタチも

  • 0
  • 1
絶滅の危険性が最も高い絶滅危惧I類にシベリアイタチが入った(川口誠撮影)

絶滅の恐れがある国内の生物を掲載した環境省の「レッドリスト2020」によると国内の絶滅危惧種は1年前から40種増加し、3716種となった。絶滅の危険性が最も高い絶滅危惧I類には長崎県対馬に生息するシベリアイタチが入った。哺乳類のリスト化は久しぶりという。

シベリアイタチは定点カメラでの撮影が減り、フンの確認回数も少なくなった。環境省の担当者によると地域で増加した鹿が草を食べ尽くし、生息しやすい環境が失われたことが原因と考えられるという。絶滅危惧類ではないがカモシカも鹿の増加によって減少している。紀伊半島のカモシカは10年前の2500頭が、2017年度までの調査で784頭に減った。日本各地で生態系のバランスが崩れている。

気候変動の影響も見られた。石垣島などに分布する水生昆虫のタイワンタイコウチが絶滅危惧I類に入った。降雨が減って干ばつが繰り返され、生息に適した浅い池が渇水したためと考えられる。

レッドリスト作成に当たって現状は定性評価も認めているが、今後は定量評価を基準とする方針だ。ドローンやIoT(モノのインターネット)など、企業も最新技術で調査に協力できそうだ。

日刊工業新聞2020年4月3日

関連する記事はこちら

特集