有料ゴミ袋をレジ袋に!ミニストップが取り組む一石二鳥のプラスチックゴミ削減方法

  • 0
  • 0
レジ袋としても使える指定可燃ごみ袋(10リットル、同社発表資料から)

ミニストップは千葉市指定の可燃ゴミ袋(10リットル)をレジ袋として使用するため、3月2日から店頭販売する実証実験を始める。通常10枚セット(価格は80円)だが、1枚ごとに8円で販売する。

商品を購入した客が、指定可燃ゴミ袋を買い物袋として使ってもらうことで、レジ袋の使用総量を抑え、プラスチックゴミ削減につなげる。

5月31日まで、イオンタワー店(千葉市美浜区)など3店舗で実験する。ミニストップは、2019年6月から千葉市内の2店舗でレジ袋の無料配布中止実験を実施しており、辞退率は約9割とプラゴミ削減の成果を出している。

関連する記事はこちら

特集