大容量インクタンク搭載プリンター、エプソンがサブスクで世界を攻める

  • 1
  • 0
大容量インクタンクを搭載したインクジェットプリンター

セイコーエプソンは、大容量インクタンクを搭載したインクジェットプリンターのサブスクリプション(定額制)サービス「レディプリント」を2月上旬に欧州で始める。ユーザーがプリンター本体を購入することなく、印刷ニーズに応じた料金プランを選んでプリンターを使用できる。

オランダを皮切りに欧州各国へ広げ、2020年度に先進国を中心に世界展開する。

初期投資が抑えられることを訴求しており、1カ月当たりの印刷量に応じて6種類の料金プランを用意した。最も料金の安いプランはモノクロ印刷300枚までで約7ユーロ(約840円)。最も高いプランは無制限カラー印刷プランで、約15ユーロ(約1800円)に設定した。

インク残量が少なくなるとインクボトルを自動配送するサービスなどを付帯。契約月単位で料金プランを変更できるようにするなど、ユーザーの多様な使い方に応じた柔軟なサービス体系を構築していく。

大容量インクタンク搭載型はランニングコストが抑えられる利点はあるが、従来のインクジェットプリンターに比べて高額なため買い切り型の販売が伸び悩んでいる。

数年後には欧州における対象機種の売り上げのうち、約3割が「レディプリント」向けになると見込む。

日刊工業新聞2020年1月31日

関連する記事はこちら

特集