説明可能な人工知能、日立がサービス開始

  • 0
  • 0
写真はイメージ

日立製作所と日立コンサルティングは27日、回答を導き出した根拠を可視化(見える化)する説明可能人工知能(AI)を活用し、業務システムや運用でのAI適用を支援する「AI導入・運用支援サービス」の提供を開始したと発表した。

業務でのAI活用を前提として企画検討からPoC(概念実証)、導入、運用、改善を一貫支援する。価格は個別見積もり。

同サービスは、AIを説明するための技術「エクスプレイナブルAI(XAI)」を活用。ブラックボックスのAIにアドオン(拡張機能)する形で処理の説明を可能にする。これによりAIの学習内容・判断根拠の説明、運用時のAI挙動監視と継続改善、定着化のための体制整備の三つのサービスを提供する。

AIの予測や判断結果の根拠を定量的に提示し、担当者との認識のずれを把握。現場に受け入れられるAIの構築へつなげる。運用でも、XAIでAIの挙動を監視し、重要な判断を必要とする業務での適用を推進する。AIの定着化に向けた体制作りに関するコンサルティングも行う。

AIの導入ニーズは需要予測や品質・リスク管理などの分野で高まっている一方、多くは機械学習技術をベースとしているため、出力する予測・判断の根拠を利用者が把握することは難しい。業務への適用を阻害する原因になっている。

<関連記事>
日立が絶対に売却しない子会社とは?

日刊工業新聞1月28日

キーワード
日立製作所

関連する記事はこちら

特集