ホンダのバイク、世界で作って作って4億台

  • 0
  • 0
1949年 ドリームD型(本格的な二輪車の第一号モデル)(同社発表資料から)

ホンダは19日、2輪車の累計世界生産台数が4億台を達成したと発表した。2019年12月初旬に記録した。1949年に「ドリームD型」で2輪車の量産を開始して以来、70年目での達成となった。

58年に旗艦車種であるスーパーカブの初代モデル「スーパーカブC100」を発売したほか、63年には初の海外生産拠点であるベルギーで2輪車の生産を開始するなど世界各地で事業を展開。現在では世界21か国35拠点で、排気量50ccのコミューターバイクから同1800ccの大型モデルまで幅広く2輪車を生産している。

97年に生産累計1億台を達成。14年には3億台に到達した。18年には年間生産台数がインドなどアジアを中心に初めて2000万台を超えた。

日刊工業新聞12月20日

キーワード

関連する記事はこちら

特集