動画配信で海外勢に対抗、テレ朝とKDDIが“5G新会社”

KDDIとテレビ朝日は12日、定額制の動画配信サービスを提供する共同出資会社を設立すると発表した。新会社ではテレビ朝日の番組コンテンツを手軽にスマートフォンで視聴できるサービスなどを提供する。「高速大容量通信」を特徴とする第5世代通信(5G)の商用化が2020年に迫る中、両社はスマホで魅力的な動画を視聴できる環境を整備。存在感を高めている海外の動画配信事業者に対抗し、新たな収益源に育てる狙い。

KDDIは「LDEX設立準備株式会社」を11日付で東京都渋谷区に立ち上げた。

20年3月2日をめどに同社の株式の半数をKDDIからテレビ朝日へ譲渡し、折半出資とする。さらに、KDDIが手がける動画配信サービス「ビデオパス」関連事業を新会社に継承させる。新会社で提供する具体的なサービスの内容や売り上げ目標は明らかにしていない。社長には、KDDIでエンタメ事業を担う神山隆氏が就任する。

日刊工業新聞2019年12月13日

関連する記事はこちら

特集