店舗内の商品一括検索、イオンが「スマートモール」計画

顧客にルートなど表示

  • 0
  • 0
モール内の店舗の商品を横断的に検索し、顧客の利便性を高める

イオンモールは11日、ショッピングモール内の店舗の商品を一括検索できるシステム「お買い物ナビ」の実証実験を始めると発表した。顧客がモール内の端末にキーワードを入力すると店舗を横断して検索し、写真とともに商品の詳細や取り扱い店舗までのルートなどを表示する。イオンモールでは幅広い世代を対象にした集客と買い物環境の向上のための「スマートモール」を全国で進める計画だ。

靴やかばんを対象に、先行してイオンモール幕張新都心(千葉市美浜区)は1日から実験を開始。イオンレイクタウン(埼玉県越谷市)はアパレル商品を対象に20日から始める。両店とも12月26日まで実施する。

同システムは日立製作所と開発した。日英中韓の4カ国語に対応。モールに出店する各店舗が独自に運営するECサイト上の商品画像、概要、価格などの情報を自動で収集して、ショッピングモールの商品データベースを構築。日立の高速類似画像検索技術で、顧客のスマートフォンに保存された画像と似た商品の検索もできる。

幕張新都心店では、タブレットとマイクによる案内システムなども導入。案内所に行かなくても、音声で館内施設やバスの時刻表を案内する「小型AIインフォメーション」を各所に設置した。

日刊工業新聞2019年11月12日

関連する記事はこちら

特集