海洋プラゴミ問題解決へ、P&Gが日用品業界の“灯台”になる

再生容器を使用

 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)ジャパンは、海洋プラスチックゴミを再生し、台所用洗剤の容器にした製品「ジョイ オーシャン プラスチック」を11月上旬から発売する。長崎県の海岸に漂着した約6トンのプラスチックを回収し、加工した上で台所用洗剤のボトルに約25%使用した。中身の洗剤は従来品と同じで、生産規模は55万本。販売価格はオープン。

 テラサイクルジャパン(東京都目黒区)が協力しリサイクルを行った。P&Gはサステナビリティに対する取り組みとして環境負荷の軽減などに注力しており、海洋プラスチックゴミが世界的な問題になっていることを受け今回の取り組みに至った。

 P&Gジャパンのスタニスラブ・ベセラ社長は「ゴミ問題について消費者に認知してもらい解決を導く、日用品業界の灯台のような役割を果たしたい」と説明している。

日刊工業新聞2019年11月8日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。