イトーヨーカ堂、今日から制服刷新、なぜ今?

コーポレートカラーの赤と青をモチーフに、従業員の要望を反映したデザイン
 イトーヨーカ堂は11月1日から従業員の制服を一新する。食品売り場の生鮮担当を除いた約2万人が対象。2021年に迎える創業100周年を前にした取り組みで、同社が制服を刷新するのは29年ぶり。

 デザイン・仕様には従業員の要望を反映。コーポレートカラーの赤と青をモチーフに、スタイルが良く見えるよう縦のラインを強調した。動きやすさを重視し、汗しみが目立ちにくい加工となっている。

 今まで使用していた制服は、エコログ・リサイクル・ジャパン(広島県福山市)を通じてリサイクルで再生ポリエステル原料などに変換。この原料をなどを使用した再商品化に取り組む。

日刊工業新聞2019年10月29日

関連する記事はこちら

特集