工具も定額制の時代に。多品種少量を低コストで

日特陶が自動盤向けに

  • 1
  • 7
自動盤用バイト「SSシリーズ」とツールホルダー
 利用料はオープンだが、消費税抜きの利用料は月額2300円程度から。年1回交換できる「ライト」、同5回の「ヘビー」、交換は1回だが必ず新品が提供される「プレミアム」の3プランを用意。SSバイト用ツールホルダーは1000種あり選択範囲に300種、800種、1000種の3コースを設ける。

 23日に受け付けを始めた。専用サイトで注文すると最短で翌日ツールホルダーを発送する。回収を含め送料無料。ツールホルダーの費用を最大3分の1にでき、同製品の管理も簡素化できる。

 同社の工具事業の2019年3月期の売り上げは138億円。SSバイトは4割を占める主力で、直径32ミリメートル以下が加工対象の自動盤用では主要メーカーの一角を占める。IT・自動車向けを中心に精密化・効率化のため自動盤の加工は増えるとみて同サービスで新規需要を取り込む。

<関連記事>
金属積層造形の技術はここまで進化している!

世界2位の超硬切削工具メーカーが日本市場に切り込む

日刊工業新聞2019年10月24 日

関連する記事はこちら

特集