人×ロボ、ロボ×ロボで協働しながらロボット作る 中国に最新工場

  • 2
  • 3
中国で着工したロボット新工場(完成予想イメージ)
 スイスのABBは中国でロボットの工場と研究施設を新設する。投資額は1億5000万ドル(約160億円)。既に着工し、2021年の操業を予定する。人工知能(AI)などのデジタル技術や協働ロボットなどを導入し、柔軟性や自動化を追求する。研究開発センターでは顧客と連携し、個々のニーズに合わせた自動化ソリューションも共同開発する。

 上海近郊に建屋面積6万7000平方メートルの新工場を建設する。固定された組み立てラインではなく、自動化セルを導入。固定した作業用ロボットの周辺を、生産される側のロボットが動きながら組み立てることで、柔軟性を拡大する。同社の協働ロボットを活用し、人との緊密な協働作業も実現する。

 「デジタルツイン」を採用し、シミュレーションで生産性の最大化も図る。またロボットを組み立てながら検査するなど、最高の品質基準を確保する。

 同社にとって中国の新工場はスウェーデンと米国に次ぐ3拠点目。中国ではこれまでに24億ドル以上を投資。20カ所に2000人以上のエンジニア、技術専門家らを擁している。

<関連記事>
これから重電メーカーはどうなるの?

EV部品まからロボットまで。老舗重電メーカーの華麗なる変身

日刊工業新聞2019年10月25日

関連する記事はこちら

特集