スマートグラスで観劇しながら字幕を表示

舞台の様子と字幕を同時に見ることが可能になる舞台の様子と字幕を同時に見ることが可能になる
 山本光学(大阪府東大阪市、山本直之社長、06・6783・0232)は、独自のスマートグラス「バーサタイル」を使った舞台向け字幕サービスの検証を行う。フェニーチェ堺(堺市堺区)で26、27日に開かれる「文楽」の公演で実験する。バーサタイルにZimakuプラス(東京都墨田区)の舞台字幕サービス用アプリケーション(応用ソフト)を組み合わせて検証する。

 両日の各公演ごとに、20人ずつバーサタイルを利用してもらう。利用者は字幕の文字の大きさや表示位置、言語などを個々のスマートフォンから設定できる。

 利用者の視界に文字情報を表示するため、舞台の様子と字幕を同時に見ることが可能。視力矯正用眼鏡の上からでも装着できる。

 山本光学は産業用保護具やスポーツ眼鏡などを手がける。(東大阪)

日刊工業新聞2019年10月25日

関連する記事はこちら

特集