Jリーグ×MaaSで地域を活性化しよう

セレッソ大阪など大阪で実証

 セレッソ大阪(大阪市東住吉区)とakippa(同中央区)などは28日、ヤンマースタジアム長居(同東住吉区)とこまがわ商店街(同)間の移動を最適化するMaaS(乗り物のサービス化)の実証実験を行う。同日行われるサッカーの試合「大阪ダービー」の観戦者を商店街へ誘導し、地域を活性化するのが狙い。Jリーグ所属のチームが地域振興などを目的にMaaSの実証実験を行うのは初めて。

 こまがわ商店街近くのakippa提携駐車場の貸し出しや、移動手段としての自転車貸し出し、タクシー乗車などをセットにし、期間中は実験参加者に無料で提供する。参加者はセレッソ、akippaの会員50人。

 こまがわ商店街はヤンマースタジアムから約2キロメートルの近隣に位置するが、スタジアムの最寄り駅から離れているため、試合観戦者が来訪することは少ない。実験により、これまで同商店街を利用しなかった遠方の家族連れなどを取り込む狙いがある。

日刊工業新聞2019年9月19日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。