宇宙で使える!リコーとJAXAが開発した360度小型全天球カメラ

こうのとり8号機に搭載

  • 0
  • 0
 リコーは28日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と360度全方位を一度に撮影できる小型全天球カメラを開発したと発表した。リコーの全天球カメラ「リコーシータ」を使い、宇宙空間で耐えられる仕様にした。小型衛星光通信実験装置「SOLISS」の2軸ジンバル部の動作確認をするモニターカメラに採用。9月11日に種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)から打ち上げ予定の国産物資補給船「こうのとり8号機」に搭載される。

 JAXAからの要請で小型全天球カメラの開発を始めた。同カメラは「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームから静止画と動画を撮影する。両者で開発した技術をJAXAは今後、宇宙探査機などの船外モニターカメラに活用していく計画だ。

 同日会見したリコーの山下良則社長(写真右から2人目)は「きぼうに載せるリコーシータにリコー社員全員の希望を乗せたい」と述べた。

関連する記事はこちら

特集