台風10号接近!東海道・山陽新幹線が15日に一部「計画運休」

15日の山陽新幹線の運行状況への注意を呼び掛ける電光ボード(14日、JR新大阪駅)
 台風10号の接近を受けて、15日の東海道・山陽新幹線は一部区間で「計画運休」を実施する。

 JR西日本は山陽新幹線・新大阪-小倉間について、始発から終日運休を決めた。小倉-博多間は1時間1本程度運行する計画。14日の夕方に上り臨時列車を設定して、計画を前倒して移動する旅客の集中に対応する。

 JR東海は東海道新幹線・東京-新大阪について、山陽新幹線と直通する列車を中心に列車本数を減らす。下りの東京駅発8時台から16時台、上りの新大阪駅発10時台から19時台が対象。1時間当たりの運行本数は「のぞみ」7本、「ひかり」2本、「こだま」2本とし、上下計60本程度の運休を予定。15日の移動を見合わせた旅客に対応するため、16日と17日の朝に、上り臨時列車の追加運転も検討している。

 在来線にも影響が出ている。JR四国は14日午後から順次、各線で運転を見合わせる。運転を取りやめるのは、予土線・宇和島(愛媛県)-窪川(高知県)間が15時ごろ、土讃線・高知-窪川間が17時ごろ、徳島線・徳島-阿波池田(徳島県)間が18時ごろ、予讃線・伊予市(愛媛県)-宇和島間と牟岐線・徳島-海部(徳島県)間が19時ごろ。

 JR九州は順次、宮崎県内の各線で夕方以降運転を見合わせる。

 JR西日本は、広島県・山口県内の各線区で15日終日、すべての列車・代行バスの運転を見合わせると発表した。天候次第では早ければ14日夕方にも、一部線区で運転を取りやめる可能性があるという。また台風通過後の16日の運転についても線路設備点検のために運転を見合わせることも想定している。

日刊工業新聞2019年8月14日(電子版)

関連する記事はこちら

特集