TOTOが宮島に開設する「おもてなしトイレ」とは?

防臭・防汚性能でトイレの悩みも解消

 TOTOと広島県廿日市市は、世界遺産の厳島神社がある宮島に「TOTO宮島おもてなしトイレ=イメージ」を8月1日に開設する。観光案内や休憩スペースも併設された地上二階建ての複合施設で、観光客が行き交う表参道商店街に面した位置にある。訪日外国人をはじめ、トランスジェンダー向け男女共用個室トイレも設置するなど、観光地トイレのモデルケースとして多くの観光客が使いやすいトイレを目指す。

 TOTO宮島おもてなしトイレには、公共トイレ用の最新器具を採用し、訪日外国人からの要望が高い温水洗浄便座「ウォシュレット」を全トイレに設置した。また独自の光触媒技術によって防臭・防汚性能を持つ内壁材の大型陶板や床材の汚垂れ陶板を採用した。観光地トイレの悩みの一つである臭いや汚れを抑制する。

 トイレの個室には小型の液晶モニターを付け、ウォシュレットの使い方や宮島の観光情報を案内する。

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。