TOTOの小便器の最上位モデル、尿はねしにくい秘密兵器

ポイントへ青色LEDで誘導

 TOTOは2月1日に尿はねがしにくいポイントを、青色LED(発光ダイオード)のターゲットマークで照射する小便器の最上位モデルを発売する。尿はねしにくいポイントへ誘導することで尿はねや飛び散りを減らす。消費税抜きの希望小売価格は26万4800円。年間2000台の販売目標を掲げる。

 「マイクロ波センサー壁掛小便器セット」は、人が近づいて小便器の前に立ち止まると尿はねしにくいポイントに青色LEDのターゲットマークを照射する。また排水経路に設置するトラップの小型化により、尿を含む汚水を少ない水量で効率良く置き換えることができる。夜間など長時間使用しない時間帯を自動判断し、定期的に除菌水をトラップ内に満たして除菌することで、汚れや菌の発生を抑制する。

 平均洗浄水量は1回当たり0・8リットルで、従来品の同1・45リットルと比べると約45%の節水になる。洗浄水量の削減と尿石の付着抑制を実現した。

日刊工業新聞2019年1月17日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。