大型風車を高効率で施工する作業船の秘密

清水建設が建造

  • 0
  • 3
建造する自航式SEP船(イメージ)
 清水建設は24日、超大型洋上風車の建設に対応するため、自航式の自己昇降式作業船(SEP船)を建造すると発表した。今後、国内で主流になる発電容量8000キロワット以上の風車に対応し、コスト低減や工期短縮により高効率な施工が可能になる。投資額は約500億円。2022年10月に完成し、23年度以降に年500億円規模の事業に育成する。

 SEP船は全幅50メートル、全長142メートル、クレーンの最大揚重能力は欧州のSEP船を上回る2500トンと世界最大級。8000キロワットの風車で7基、1万2000キロワットで3基分の全部材を一度に搭載し、それぞれ10日、5日で据え付けが可能だ。太平洋で特徴的な長周期波浪にも船体のジャッキアップ・ダウンが可能で、既存SEP船より約5割高い稼働率を発揮できる。

 オランダの船舶設計会社が仕様検討・設計し、ジャパンマリンユナイテッド(横浜市西区)が建造する。運行管理は深田サルベージ建設(大阪市港区)などの協力を得る。

 井上和幸社長は同日、国土交通省での会見で「発電事業者に積極的に営業展開し、5兆円超の洋上風力発電施設の建設工事市場でトップシェアを目指す」と述べた。

日刊工業新聞2019年7月25日

関連する記事はこちら

特集