ソニーの新作ワイヤレスヘッドホンはCD・MP3もハイレゾ相当?!

ノイズキャンセリング性能も向上

  • 0
  • 0
ワイヤレスヘッドホン「WF―1000XM3」(同社発表資料から)
 ソニーはノイズキャンセリング性能を高めたワイヤレスヘッドホン「WF―1000XM3=写真」を発売した。CDやMP3などの音源でもハイレゾ相当の高音質で楽しめる。本体と付属ケースの電池の合計で24時間の音楽再生が可能。実勢価格は2万6000円前後(消費税抜き)の見込み。

 重さは片側につき約8・5グラム。近距離無線通信「ブルートゥース」対応。同社従来品よりも接続の安定性を高め、遅延も低減した。

 ヘッドバンド型のワイヤレスヘッドホンで培った技術を応用し、省電力ながら高い信号処理能力を実現。本体内外に配置したセンサーで集音し、騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成する。

 独自の高音質技術「DSEE HX」も搭載。楽曲データを分析して、低音の周波数スペクトルから本来の楽曲データが持つ高域の音の周波数スペクトルを予想・復元することで、ハイレゾ相当に高解像度化する。本体横にはタッチセンサーを設置。音楽の一時停止や音声操作機能の起動などを操作できる。

関連する記事はこちら

特集