パナソニックが見据える「8Kデジカメ」、その機能とは?

22年の冬季五輪めどに投入へ

 パナソニックは北京冬季五輪・パラリンピックが開催される2022年をめどに、超高精細の8K映像と、高精細4Kのスローモーション再生機能を持つデジタルカメラを一般消費者用(民生用)と業務用に投入する。デジカメは、民生用ではスマートフォンの普及、監視カメラなど業務用では中国メーカーの台頭によりコモディティー化(汎用化)が進む。人間の目による現実世界を超えた映像体験を提供するカメラとし、新たな付加価値に結びつける。

 20年の東京五輪・パラリンピックの後、22年の北京冬季五輪での商品化を見据える。8K映像は現実と同じくらい高精細で、遠くの人を拡大しても鮮明に映る。また4Kで毎秒240コマ撮影することで、今以上に高精細映像でスロー再生できる。民生用デジカメでスポーツ競技を撮影する際も、監視やインフラ点検用の業務用ネットワークカメラにも、それぞれ遠方の人間を鮮明に写す8Kや、重要なシーンを4Kでスロー再生するニーズが生まれるとみる。競技場などでは民生用も業務用も使われる。

 パナソニックはカメラ事業の開発強化の一環で、19年8月下旬めどに組織横断的なフリーアドレス制を導入する。民生用と業務用を手がけるそれぞれの部署が、斜め向きの机を配置するなど工夫した同じ職場環境で連携を密にし、基礎技術の開発を加速する。

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。