スマホで顔色分析!生活習慣の提案で肌質改善

肌6項目の状態が把握できる

  • 0
  • 2
三越伊勢丹が運営する化粧品オンラインストア「meeco(ミーコ)」との連携(同社の発表資料から)
 NTTドコモとソニーネットワークコミュニケーションズ(東京都品川区)は、スマートフォンのカメラで顔を撮影するだけで肌の状態を解析し、日々の生活との関係性を見える化するサービス「フェイスログ」を24日に始める。米アップルの基本ソフト(OS)「iOS」を搭載したスマホが対象で利用料は無料。アンドロイド搭載スマホ向けは秋の提供を見込む。

 肌年齢、シミ、シワ、くま、毛穴、肌の色みの6項目の状態を把握できる。睡眠や食事などの情報を記録することで、生活と肌の関係をグラフやリポートで示す。「1週間、毎日6時間以上睡眠をとろう」など、肌への効果が期待できる生活習慣を提案する。

 フェイスログのデータをクラウド上に蓄積し、利用者の同意を得た上でパートナー企業と連携するサービスも始める。

 第1弾として三越伊勢丹が運営する化粧品オンラインストア「ミーコ」と連携し、利用者の肌に合った化粧品を提案するサービスを秋に始める。

関連する記事はこちら

特集