豊田合成がキュービットに出資、狙いは「触覚ロボハンド」の拡販

モノの形状、硬軟を感知、人に近い仕事を

 豊田合成は、ロボットサービスを手がけるQBITロボティクス(キュービットロボティクス、東京都千代田区)に出資した。レストランやホテルなどで使う協働ロボットを共同で開発するほか、豊田合成は触覚を備えたロボットハンドの拡販を狙う。自動車部品以外の製品開発を外部との連携で加速し、収益基盤の多様化につなげる。

 豊田合成はキュービットに1億2000万円を出資し、出資比率は7・6%となった。豊田合成は電気の力で伸縮する独自のゴム素材「eラバー」を用い、触覚を備えたロボットハンドを開発している。キュービットが持つロボット開発のノウハウを組み合わせ、モノの形状や硬軟などを感知し、人に近い仕事ができるハンドの完成を目指す。

 協業の第1弾としてロボットがコーヒーをつくるロボットカフェに導入する計画。今後はホテルやレストランなど、幅広いサービス業に提案していく。

 豊田合成は1月に運用規模30億円のコーポレートベンチャーキャピタルを創設。5月には光学系の設計や評価に強みを持つIMUZAK(イムザック、山形市)に出資しており、今回は第2号案件となる。

日刊工業新聞2019年6月14日(ロボット)

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。