【動画あり】話した言葉を指でなぞって表示、iOS向けアプリとは?

兼松コミュニケーションズと三菱電機が提供

 兼松コミュニケーションズと三菱電機は11日、米アップルの基本ソフト(OS)「iOS」を搭載したスマートフォンやタブレット向けに、話した言葉を指でなぞった軌跡に表示する「しゃべり描きアプリ」の提供を始めると発表した。9月10日までを無料期間とし、9月11日をめどに有料とする。価格は未定だが、月額で数百円を予定する。

 三菱電機が開発した「しゃべり描きUI」の技術を活用し、兼松コミュニケーションズがアプリの商用開発、事業化を行う。

 スマートフォンやタブレット画面の好きな位置・形状に話した言葉を文字として表示できる。日本語や英語、中国語など10言語に対応した多言語翻訳機能も備えた。

 話した言葉を手描きのイラストや写真と表示でき、聴覚障害者や耳の不自由な高齢者と円滑なコミュニケーションが可能。会員制交流サイト(SNS)での活用のほか医療や教育機関などでの使用を想定する。

日刊工業新聞2019年6月12日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。