ポカリスエット、抗精神病薬…。大塚HD「1兆7000億円」へのけん引役

中計、医療・NCで主力品拡大

  • 2
  • 6
「ポカリスエット」公式フェイスブックページより
 大塚ホールディングス(HD)は30日、2019―23年度の中期経営計画を発表した。中核の医療関連事業と、機能性飲料や栄養機能食品を展開するニュートラシューティカルズ(NC)関連事業で主力製品の販売を拡大し、最終年度に売上高を1兆7000億円に伸ばす。事業利益は2000億円を目指す。

 同日都内で会見した樋口達夫社長は「医療とNCの2事業で主力製品とブランドを着実に成長させる。オーガニックの成長で(事業目標の達成は)実現可能だ」と述べた。

 医療関連事業では、持続性抗精神病薬「エビリファイメンテナ」や抗精神病薬「レキサルティ」などの世界戦略を成長ドライバーと位置付け、販売戦略を強化する。

 NC関連事業は主要ブランドの機能性飲料「ポカリスエット」で、アジアを中心に海外販売を加速。新たな収益基盤を育成する。

 売上高に占める研究開発費は15%程度を維持し、年間2000億円台とする計画。樋口社長は「積極的な研究開発投資を行い、次期中計以降の収益をけん引する新薬開発を継続したい」と語った。
中期経営計画資料より

中期経営計画資料より

中期経営計画資料より

日刊工業新聞2019年5月31日

関連する記事はこちら

特集