“虎党“必見!コラボ表札で応援

職場のデスクにどうぞ

 協同工芸社(千葉市美浜区)は、プロ野球チームの阪神タイガースとコラボした表札を発売した。デザイン力や技術力など自社の“資産”の活用で、新たな層の顧客獲得につなげる。

 色やチームロゴのデザインなど20種類を用意した。価格は1万―2万円で、楽天市場で通信販売している。そのデザイン性からインテリアなど使い道はさまざま。箕輪社長は「職場のデスクに飾ればコミュニケーションツールにもなる」と話す。

 それら表札の新たな使い道の提供で、日本のスポーツチームの発展につなげる。

 協同工芸社は看板の設計から製作まで一貫して手がける。これまでにも地元プロ野球チームの千葉ロッテマリーンズとのコラボで、同様の表札を発売した。2球団合わせて月50―100個の販売を目指す。

 箕輪社長は「地元プロバスケットボールチームの千葉ジェッツともコラボしたい」と笑う。

日刊工業新聞2019年5月22日(中小・ベンチャー)

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。