環境団体・WWFとハンバーガー店が始めたプロジェクトとは?

日本では1日に450万食のハンバーガーが消費される

 WWFジャパンはハンバーガーショップと協力し、森林に配慮した素材で作られたハンバーガーを提供する「アースバーガープロジェクト」を始めた。生態系を守りながら栽培した森林資源を原料とする包装紙やパーム油などを使った“アースバーガー”を協力する20店舗で販売する。食を通じて消費者に環境保全を啓発するとともに、賛同する大手ハンバーガーチェーンを増やす。

 日本で1日に消費される450万食のハンバーガーに大量の包装紙が使われるなど、ハンバーガーと森林との関係が大きいためプロジェクトを始めた。牛肉にも森林破壊のない牧場からの調達を求める。3月31日まで1個の販売に付き100円を森林保護活動に寄付する。

第2回「わが社のSDGs勉強会」開催!


2月28日16時半~、千葉商科大学キャンパス(千葉県市川市)で、
同大学と共同で開催する「わが社のSDGs勉強会」を開催。
関東経産局の方も登壇します。参加無料です。
詳細はこちらから

SDGs情報を集めたフェイスブック始めました


日刊工業新聞社では、ニュースイッチに掲載したSDGs関連情報を集めるフェイスブックを始めました。順次更新し、さまざまな企業の事例を紹介していきます。ぜひ登録して、のぞきに来て下さい。
Facebookページ『SDGsトピックスfromニュースイッチ』へ

日刊工業新聞2019年2月22日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。