上下・前後・左右に投影!富士フイルムがプロジェクター参入のワケ

用途拡大に期待高まる

 富士フイルムは13日、レンズの回転だけでさまざまな方向に映像を投写できるプロジェクター「Z5000」を2019年4月に発売し、プロジェクター市場に参入すると発表した。商業施設のデジタルサイネージ(電子看板)や博物館などでの利用を想定する。市場想定価格は100万円未満(消費税抜き)。早期にプロジェクタービジネスで100億円規模の売上高を目指す。

 Z5000は超短焦点プロジェクターで、スクリーンから75センチメートルの距離があれば投写サイズ100インチが実現できる。屈曲型2軸回転機構レンズにより、前後左右上下の6方向に投写し、レンズシフト機能によりボタン一つで上下82%、左右35%スクリーンの移動が可能だ。20枚以上のレンズを利用した屈曲型レンズを開発した。プロジェクターの大きさは横470ミリ×奥行き375ミリ×高さ108ミリメートル。

 Z5000をプロジェクター市場参入の1号機と位置付け、今後複数のラインアップを用意する。プロジェクターの世界市場規模は約780万台で買い替え需要が多い。同社は新たな用途を含め潜在需要を開拓していく。助野健児社長は「これまで設置したくてもできなかった場所で使える高輝度・高画面の画期的なプロジェクターだ」としている。

日刊工業新聞2019年2月14日掲載より加筆

梶原 洵子

梶原 洵子
02月15日
この記事のファシリテーター

かなり遅れての参入となりますが、今はちょうどプロジェクターの用途が広がっている時です。従来は会社や学校での資料投影が主な用途でしたが、看板替わりや室内装飾、プロジェクションマッピングなどでの利用拡大が期待されています。森ビルとチームラボが共同で運営する東京・お台場のデジタルアート博物館「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」には、セイコーエプソンのプロジェクターが大量に設置されています。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。