発言への苦手意識、「しんぶんカフェ」で克服へ

佐世保工業会が会員企業を対象に実施、発言しやすい雰囲気作りも

 活発な発言を目指して―。佐世保工業会(長崎県佐世保市、湯川栄一郎会長、0956・25・2149)は、会員企業の社員を対象に“発言力”のアップを目指す取り組み「しんぶんカフェ」を始める。若手技術者などに人前で話すことへの苦手意識を克服してもらうのが目的。意見を言うことに慣れるようコミュニケーションの機会を設ける。

 「しんぶんカフェ」は5人程度のグループで開催する。新聞や本から共通の題材を決めて感想を文章にまとめて発表し合う。読解力や文章力の向上も期待している。コーヒーを飲みながら話すなど発言しやすい雰囲気づくりに務める。2019年は3―4回の実施を見込む。

 湯川会長は「若手社員に会議などでもっと発言してほしいと会員から声があった」と狙いを話す。

日刊工業新聞2019年1月11日

国広 伽奈子

国広 伽奈子
01月13日
この記事のファシリテーター

「発言しなければ」と考えるほど言葉に詰まってしまうことがあります。テーマがあらかじめ決まっていたり、少人数で気楽に発言できる機会はありがたいかも。参加者の声が気になります。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。