Zシリーズ系譜のデザインに大反響、「すごみ」が増したkawasaki

バイクが持つ威圧感を表現

 モデルによってさまざまな表情を持つバイク。川崎重工業の製品も、先人たちに敬意を表したクラシカルなモデル、先進性を前面に押し出したアグレッシブなモデルなど、製品戦略によってデザインを巧みに使い分けている。福本圭志モーターサイクル&エンジンカンパニー技術本部デザイン部部長に、デザインのコンセプトや今後の方針を聞いた。

 ―往年の名車「Z1」をモチーフにした「Z900RS」は、デザイン面でも反響が大きいようです。
 「いつの時代になっても色あせないという意味を込めた『ヘリテージ』をコンセプトにした。目の肥えたライダーに『これは違う』などと、1点でも思わせてはいけない。ヘリテージを、最新技術で具現化したらどうなるかにこだわった」

 ―デザインでこだわった点は。
 「ネイキッドモデルの顔はやはり燃料タンクだ。Zはいわゆる『火の玉タンク』(火の玉を模した塗装)がトレードマーク。これを今の技術でどれだけ美しく仕上げられるかが、ポイントだった。火の玉カラーは塗装ではなく、デカールによる転写を採用。生産技術部門の協力を得て、表面の凹凸を減らすなど完成度を高めた」

 ―デザイン面での“カワサキ”らしさをどう考えますか。
 「最近ではZシリーズのキーワードにしている『すごみ』だ。当社最高峰のスポーツモデル『ニンジャH2』では、カラーを黒地にライムグリーンで統一している。差別化という意味では、バイクが持つ威圧感を表現した。嫌われても良いから、一部の熱烈なファンに対して提供できたらと考えている」

 ―今後のデザインの方向性は。
 「これからはバイクも電動化が進む。こうなるとデザインの役割が、差別化を図る上でさらに重要になる。機能性を重視した差別化も必要になるし、既成概念が変わる乗り物になるので、よりチャレンジが求められる。将来モビリティーの在り方は何かと、自問自答している」
(聞き手=長塚崇寛)

日刊工業新聞2018年2月20日

長塚 崇寛

長塚 崇寛
02月20日
この記事のファシリテーター

16年10月、第二次世界大戦中に川崎航空機工業(現川重)が製造した旧陸軍の戦闘機「飛燕(ひえん)」が、70年ぶりによみがえった。創立120周年イベントの一環だが、その意図は周年行事に留まらない。真の狙いは、飛燕と並べて展示した製品にある。川重の最高峰スポーツバイク「ニンジャH2R」。この2機は深いつながりがある。ニンジャのターボチャージャー(過給器)技術や空力設計の源流は、飛燕にある。金花芳則社長は「120年の多様な取り組みが、他社の追随を許さない技術へ昇華した」という。連綿と紡いできた技術の系譜を社内外に示した。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。