“指1本”で開閉できるユニバーサルデザインのバッグ

岩沢製作所が開発、電子機器のケーブルを製造する会社がなぜ?

 岩沢製作所(埼玉県ときがわ町、福田照政社長、0493・65・2191)は、指1本で開閉できるユニバーサルデザインバッグ「U―GOベーシック」を発売した。バックの開閉部の留め具に磁石を使い、指や手のひらで押すと中身の重さで自動的に開くようにした。素材にはナイロンツイルを採用し、重さを550グラムまで軽量化した。価格は1万6000円(消費税込み)。

 岩沢製作所は主に電子機器のケーブルを製造している。福田和正専務が17年前、福祉関係のNPO法人の活動に参画したのを機に、そこで得た知見を元に高齢者や身障者向けのバッグ開発に乗り出した。「体の不自由な人の意見を元に開発した。握力の弱ってきた高齢者や筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の人でも、手のひらで簡単に開けられるように設計した」(福田専務)という。複数の試作を経て今回の製品にたどり着いた。色はカーキ、青、赤、黒の4種類。

 口金部分の両端をショルダーベルトでつることにより、肩にかけたまま留め具を外すと自重で簡単に開く設計。閉める際も力を入れずに磁石の力で留められる。また、「上から荷物を投げ込みたい車いすの人には必ず必要」(同)と言うように、底板を平らにしてバッグが倒れず、必ず自立するようにした。貴重品が心配という声にこたえ、1カ所だけファスナーで閉めるポケットを設けた。

 生産は福島県内の協力工場に委託。海外生産にすれば価格を抑えられるが、当面は「メード・イン・ジャパンにこだわりたい」(同)としている。

日刊工業新聞2018年12月6日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。