三菱ケミカル・旭化成、エチレン設備1カ月停止

来年の臨時修理で

 三菱ケミカルと旭化成は、2019年5―6月に共同運営する水島地区(岡山県倉敷市)のエチレンプラントを臨時修理する。今後の安全・安定操業に向けて製造設備の一部に不安があり、予防措置として1カ月強停止して総点検する。エチレンなどを使う誘導品プラントの定期修理の時期に合わせることで、原料供給を停止する影響を最小限に抑える。

 両社が折半出資する三菱ケミカル旭化成エチレン(東京都千代田区)は、水島地区のエチレンプラントをいったん止めて設備を点検する。必要に応じて設備の補修などを行う。臨時修理は19年5月22日から6月25日まで。

 石油化学品原料を供給する両親会社の誘導品プラントの定期修理に合わせるほか、在庫の積み増しなどで計画外停止は回避する。

 同プラントはエチレンの年産能力(非定修年)が56万7000トンで、国内全体の8・3%を占める。16年4月に三菱化学(現三菱ケミカル)と旭化成が水島地区にそれぞれ保有していたエチレンプラントを統合して1基体制へ移行した。三菱側のプラントを残した。

 4年に1度の定期修理が法律で義務付けられており、同プラントは17年に実施済みで次の定期修理は21年の予定だ。ただ、その後の運転状況を観察した結果、臨時の設備点検が必要だと判断した。加えて、同プラントはこの約20年間で4年連続運転の経験がないことから、中間年の19年に予防的な臨時修理を行って安全・安定操業を目指すことにした。

<関連ページ>
「野武士」旭化成、競合他社からの嫉妬も

日刊工業新聞2018年11月20日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。