無人運転で先行だ…コマツがAI搭載の油圧ショベルを実証へ

5G活用による遠隔操作の実用化も

 コマツは建設機械の無人化に乗り出す。自律運転の油圧ショベルとクローラー式ダンプを開発し、土木工事会社と2019年から実証を始める。油圧ショベルに人工知能(AI)による画像分析機能や地形の計測技術を搭載し、同ダンプと協調して稼働できるようにする。建設現場では人手不足が大きな課題で、生産性を高める情報通信技術(ICT)の活用が進みつつある。コマツはICT建機に続いて無人運転で先行することを狙う。

 作業者が乗らずに、土砂の掘削や積み込み、旋回など一連の動作が可能な油圧ショベルを実用化する。安全性を確保するのに加え、作業者の技能のバラつきをなくすことができ、施工効率の向上を目指す。

 油圧ショベルには地形の計測センサーを搭載し、掘削動作を最適化する。現場の画像分析をもとに同ダンプの荷台の位置も正確に割り出して、土砂を投入できる。コマツは米エヌビディアと協業しており、同社の画像処理半導体(GPU)を油圧ショベルの自律運転に活用する。

 一方、同ダンプにはカメラなどによる障害物の検知技術を導入し、作業者を認識して自動停止する。作成した走行経路に基づき、土砂を指定された場所に運搬する。

 コマツはNTTドコモと連携し、通信速度が大幅に向上する第5世代通信(5G)を利用した建機の遠隔操作の実用化も進めている。建機各社がICT建機を拡充している状況で、同社は次世代の建機開発で先行し、深刻化が懸念される現場の人手不足の改善につなげる。

日刊工業新聞2018年10月16日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。