国内メーカー初、ヤマハ発がバイクレンタル参入で狙うモノ

レンタル専門店も計画

  • 1
  • 7
「MT−03」のディープパープリッシュブルーメタリックC
 ヤマハ発動機は19日、10月1日から2輪車レンタル事業「ヤマハバイクレンタル」を始めると発表した。国内2輪車メーカーがレンタル事業を手がけるのは初という。子会社のヤマハ発動機販売の取引店「YSP」を中心に事業展開し、レンタル専門店舗の設置も予定する。2020年までに70店舗での扱いを目指していく。

 レンタル対象車種は「MT―03」や3輪バイク「トリシティ125」など。消費税込みの料金は8時間で1万300円、24時間で1万2800円。

 ヤマハ発の調査によると、維持費などの問題で2輪車免許所得者の約7割がバイクを保有していない。レンタルで手軽にバイクを利用できる機会を提供して、市場を活性化する。

日刊工業新聞 2018年9月20日

COMMENT

梶原洵子
編集局第二産業部
記者

メーカー各社は、これまでバイクユーザーとの交流を深めることが得意でしたが、新たな顧客との接点を増やす取り組みも広がってきました。趣味性の高い排気量250ccクラスのスポーツバイクは若い人にも人気が出ているため、レンタルでも特徴的なバイクが注目されそうです。

関連する記事はこちら

特集