投資額4割高くても3年程度で回収…エネ消費実質ゼロ“ZEB”はいかが

大和ハウスが提案加速

  • 0
  • 0
ZEB化を検証したロイヤルホームセンターの「津島店」
 大和ハウス工業は商業施設の建物のエネルギー消費を実質ゼロにする「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」化の提案を加速する。子会社のロイヤルホームセンター(大阪市北区)で1年にわたり検証していたZEB化対応の大型店舗で、年間の1次エネルギー削減率120%以上の達成を確認した。同検証データをもとに、今後の商業施設などの設計施工向け提案ツールに活用する。

 ZEB化の提案強化などで、商業施設など流通店舗事業部の2019年3月期の受注高は、前期比154億円増の4200億円を計画する。

 ZEBを検証した店舗は、愛知県津島市にある「ロイヤルホームセンター津島店」。16年4月の開店時に太陽光発電やエネルギー管理システム、自然光や風を取り込んだ照明や空調負荷を減らす設備を導入した。

 準備を整え、17年4月から3月まで1次エネルギーの高効率空調機や発光ダイオード(LED)照明、換気設備を対象に検証。年間電気代が約2400万円に対し、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の売電収入額が約4200万円となり、1800万円の収支プラスとなった。

 津島店は延べ床面積約1万3600平方メートルと、ZEB化を実現する国内最大級の商業施設だ。これまでZEB化を達成する建物は同数千平方メートル程度が中心で、同1万平方メートル以上の商業施設では同店が初めてという。

 ZEB採用時は通常、投資額が3、4割高くなる。津島店はランニングコスト削減により、2、3年で割高分を回収できる予定だ。大和ハウスグループのZEBを採用した建物の受注件数は業界トップ級で現在約100件以上の実績がある。

日刊工業新聞2018年9月12日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

ゼロエネルギーハウスの集合住宅版の認定について先日、大京が初めて取得するなど、マンションでもゼロエネルギー化が始まっています。ゼロエネルギー化となると、かなりの量の太陽光発電設備を搭載するので、耐用年数を過ぎた後の同設備の取り扱いがやや気になるところですが。

関連する記事はこちら

特集