ヒルトンホテル、“スマホで解錠”全客室を対象に

部屋の空調や照明、テレビなどの制御も視野

デジタルキーを導入しているコンラッド大阪(大阪市北区)
 米ヒルトン(バージニア州)は2019年までに、日本国内すべての系列ホテルでスマートフォン専用アプリケーション(応用ソフト)による「デジタルキー」を導入する。アプリでは客室選択や到着前の追加アメニティー注文などにも対応。将来は部屋の空調や照明、テレビなどの制御も視野に入れる。IoT(モノのインターネット)技術を積極的に採用して宿泊客の利便性を高め、快適な滞在の実現につなげる。

 ヒルトンは国内のコンラッド大阪(大阪市北区)、ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城(那覇市)の2カ所で「デジタルキー」を導入済み。現在、国内では4ブランド16ホテルを展開しており、今後、開発を計画するホテルも含めてサービスを標準化していく。

 デジタルキー対応ホテルではパスポートの提示が必要な訪日客を除き、スマホアプリでオンラインチェックインすると、有効化した「デジタルキー」でそのまま入室できる。

 デジタルキーは、会員用アプリ「ヒルトン・オナーズアプリ」に搭載する。アプリではフロア図から好みの部屋を指定でき、部屋からの眺望も確認できる。

 ヒルトンは18年、部屋の温度や照明、テレビなどをスマホで制御できる「コネクティッドルーム」の導入も始めた。これまでに米テネシー州メンフィス近郊のホテル4件、計500室で展開しており、今後、グローバルに広げていく方針だ。

 コネクティッドルームでは、快適性と省エネルギーの両立を目的に人工知能(AI)と機械学習を活用。不在時に室内の照度を落とし、空調を弱めることなどによって、環境負荷を半減するという企業目標達成への貢献も見込んでいる。

日刊工業新聞2018年9月11日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

米国はでホームIoTのような仕組みの導入もかなり普及が進んでいるようですね。日本国内でも東京五輪・パラリンピックの開催に向けてホテルのIoT化は加速していきそうです。

関連する記事はこちら

特集