「アサヒスーパードライ」で米国開拓、“今がチャンス”の理由

ニューヨーク市で初の期間限定イベント開催

  • 0
  • 0
スーパードライをPRする期間限定バー「ASAHI SUPER DRY EXPERIENCE」の店内
 アサヒグループホールディングスは傘下の米国現地法人アサヒビールUSA(カリフォルニア州)を通じて主力ビール「アサヒスーパードライ」の市場拡大に乗り出した。これまで日系レストランなどを中心に展開しており、認知度はまだ低い。ブランド力強化のため、ニューヨーク市で初の期間限定イベントを開催した。先行き他の主要都市でも展開する方針。

 ニューヨーク・マンハッタン地区でスーパードライをPRする期間限定バー「ASAHI SUPER DRY EXPERIENCE」を今月中旬、3日間開催。プレミアムビールとしてブランドの浸透を狙うイベントだ。

 現地メディア、一般のレストランや量販店関係者を招いて、「未来のビール工場」をテーマにバーチャル・リアリティー機器を活用した工場見学体験イベントを開くとともに、スーパードライを試飲してもらった。

 第1弾を東海岸で開催したことについて、荒井政徳国際ビール部門マネジャーは「プレミアムビールの市場としてはニューヨークが最大。ブランド強化を狙い、まずはマンハッタンにくさびを打ち込む」と戦略を明かす。

 米国は日本の4倍もの年約19億ケースという膨大な市場規模。アサヒが1987年に進出し、徐々に販売を伸ばしてきたが、全体からみればまだわずかという。それでも「今がスーパードライを強化するチャンスだ」(荒井マネジャー)と強調する。

 2009年に日本からの輸入販売を始めた樽(たる)生商品が好調で、18年上期の販売も前年同期比15%増と伸びている。消費者のイメージも向上しており、「ブランドを浸透させる好機」(同)とみる。
(文=井上雅太郎)

日刊工業新聞2018年8月30日

COMMENT

今後は米現法の立地するロサンゼルス大都市圏など主要都市でも販促イベントの展開を進める計画だ。 (日刊工業新聞社・井上雅太郎)

関連する記事はこちら

特集