口臭が減る歯磨き手法「つまようじ法」を知っていますか

オフィスハット・渡辺社長が提唱、電動歯ブラシ製品化も

 オフィスハットは渡辺達夫社長が岡山大歯学部で研究を手がけた、歯磨きの手法である「つまようじ法」の普及を目的に2017年に設立された。18年2月には専用の電動歯ブラシを発売。1本9000円(消費税抜き)と高額だが、普及に手応えを感じている。

 渡辺社長が提唱するつまようじ法は、毛先で歯や歯茎をつっついて歯間部の歯垢を除去したり、歯肉に刺激を与えるというもの。歯肉出血などの状態を改善する。「口臭が減ることも研究で分かっている」(渡辺社長)という。従来は専用歯ブラシを使い、手でブラッシングしていたが、操作が難しかった。電動歯ブラシの製品化で「簡単にできるようになった」(同)。渡辺社長は「一生自分の歯で食べられる社会を実現する」ことを目指し創業した。

 ▽所在地=岡山市北区芳賀5303、086・230・6830▽資本金=600万円▽売上高=非公表▽設立=17年(平29)6月

葭本 隆太

葭本 隆太
08月30日
この記事のファシリテーター

「つまようじ法」では口臭の改善のほかに、歯のぐらつきの改善や歯の寿命の延長などが研究によって証明されているようです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。