キヤノン、4万円台のコンデジで4K動画を撮影

「パワーショット SX740HS」

  • 0
  • 0
 キヤノンは4K動画撮影に対応した光学倍率40倍のコンパクト型デジタルカメラ「パワーショット SX740HS=写真」を30日に発売する。新型の映像エンジンを搭載し、同社製の普及価格帯コンデジとして初めて4K動画を撮影できる機能を設けた。参考価格は4万8500円。月産台数は1万8000台を計画している。

 映像エンジンにミラーレスカメラ「EOS キスM」にも搭載した「DIGIC8」を使用。高速画像処理によって4K動画撮影のほか、オートフォーカス固定で1秒当たり最大10枚を連続撮影できる機能も備えた。

 本体は重さ299グラムと薄型・軽量で、約40倍のズームレンズと約2030万画素のイメージセンサーを搭載した。

日刊工業新聞2018年8月7日

COMMENT

梶原洵子
編集局第二産業部
記者

普及価格帯のコンデジは、スマートフォンの普及によって最も大きく市場が落ち込みました。高価格帯デジカメが得意としてきた高解像度動画の撮影がコンデジでもできるようになります。

関連する記事はこちら

特集