カンロ飴、発売63年で初のレシピ変更

調味料無添加で以前と変わらぬ味わい実現

 カンロは12日、9月に発売する4商品を発表した。主力の「カンロ飴」のレシピを63年ぶりに変更し、調味料無添加で以前と変わらぬ味わいを実現。鶴見大学と共同開発でホップエキス配合の「健康のど飴ドクタープラス」も発売する。

 「素材を活かす」「機能性」をテーマに商品を開発。カンロ飴シリーズでは「金のミルク」で培ったミルクキャンディ製法技術を用いた「ミルクのカンロ飴」や、これまでの研究開発で得たハーブの知見を生かした「ハーブのカンロ飴」の2商品を発売。

 三須和泰社長は「今後の当社にとって、重要な商品と位置づけている」と強調した。

日刊工業新聞2018年7月13日

葭本 隆太

葭本 隆太
07月14日
この記事のファシリテーター

カンロは糖質制限ブームなどを受けて、2017年に「カンロは、糖から未来をつくり、世界中の人を笑顔にするキャンディ No.1 企業になる」という⻑期ビジョンを掲げました。今回の新商品はその成果とのこと。ちなみにカンロ飴のレシピの変更は1955年の発売以来、今回が初めてです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。