リモコンの仮想化始まる!

IoTで家電制御。関電、来月サービス開始

 関西電力はIoT(モノのインターネット)を活用した家電制御サービスを8月10日に始める。関電独自のスマートフォン用アプリケーションで登録すると、エアコンやテレビ、照明の入切などの遠隔操作が住居内や外出先からできる。電気やガスの料金確認ができるウェブサービス「はぴeみる電」の加入者で、ネイチャー・ジャパン(東京都港区)製のスマートリモコン所有者が対象。

 同アプリは、最初の使用者が家電のリモコンデータをスマートリモコンに初期設定すると、後の使用者の初期設定が不要になる。

 「はぴeみる電」は現在、約420万世帯が加入。家電を一元管理するコンテンツ「家電サポート」の新機能として同サービスを提供する。他の電化製品も使用できるよう、機能を順次拡大する。
                

日刊工業新聞2018年7月12日

八子 知礼

八子 知礼
07月12日
この記事のファシリテーター

リモコンの仮想化始まる。複数の家電をアプリとスマートリモコンで統合制御可能に。既に420万世帯の顧客ベースがあるのでそれらの世帯の家電の利用傾向や在宅、起床・就寝、などの見守りサービスのベースとなる情報が入手可能。これは要注目。

この記事にコメントする

永里 善彦
永里 善彦
07月12日
 IOTを軸にインダストリー4.0を主導するドイツやインダストリアル・インターネットの米国等に出遅れた日本は、ソサイエティ5.0なるコンセプトで追いかける。日立は社会インフラを事業の柱の一つとして掲げ中西会長自らが注力してきた。当然ながら、経団連の中西会長はソサイエティ5.0の実現に向けて熱心である。日本のIOT活用も得意分野を中心に軌道にのってきた。今回の関電の新サービスも省電力に寄与する。これまで産業分野は省エネに熱心だったが、家庭分野の省エネが加速するインフラも整ってきた。
  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。