ボールネジで世界2位の台湾メーカー、100億円投資し日本に工場の狙い

ハイウィン、国内半導体製造装置メーカーへ供給拡大

  • 0
  • 21
ハイウィンのボールネジ
 台湾のハイウィンは日本で直動製品の本格生産に乗り出す。神戸市に装置の位置決めなどに使われる基幹部品のボールネジや直動案内機器の工場と研究開発拠点を新設し、2020年に稼働する。投資額は約100億円。部品を納める日本の工作機械や半導体製造装置メーカー向けに、国内で開発・生産の一貫体制を構築することで事業拡大につなげる。海外の直動部品メーカーが日本で本格的な工場を新設するのは初めてとみられる。

 ハイウィンは直動製品の生産で世界2位とみられ17年12月期の売上高は約800億円。神戸市に約2万5000平方メートルの用地を確保し、ボールネジの軸や直動案内機器のレールの加工から、ナットの生産、組み立てまで一貫して手がける工場を新設する。従来は台湾から完成品や半製品を輸入し、顧客の仕様に合わせて仕上げ加工をするなどして納めていた。

 日本では工作機械向けの供給が多かったが、17年に米大手半導体メーカーの調達網に加わり、国内半導体製造装置メーカーへの供給を拡大。日系完成車メーカー向けの需要も広がる。卓永財ハイウィン会長は18年の日本の受注は「前年比50%以上の勢いで伸びている」という。

 背景には、世界的な設備投資の急増で直動製品の需給が逼迫(ひっぱく)し、生産設備の納期が遅延していることがある。出荷への影響を懸念した最終品メーカーが調達先を増やす中、ハイウィンの商品や供給力を評価する動きが広がったようだ。新工場には開発拠点も併設。100人規模の人員を配置し、顧客の要望に迅速に応える体制を整備する。

日刊工業新聞2018年6月14日

COMMENT

明豊
デジタルメディア局
局長

工作機械や半導体製造装置など世界的に競争力が高い日本企業との開発を通じ、先端技術などを蓄積し自社製品に反映させる考え。

関連する記事はこちら

特集