「インスタ映え」盛り上がるも、スイーツ市場マイナスのなぜ?

ヨーグルトの伸びが鈍化、アイスクリーム振るわず

 矢野経済研究所(東京都中野区)がまとめた2017年度の和洋菓子・デザート類市場規模は前年度比0・7%減の2兆2607億円となった。ここ数年、市場をけん引していたヨーグルトの伸びが鈍化したほか、アイスクリーム類が夏の気温低下が早かったことが影響し減少した。

17年度の同市場は「インスタ映え」や「フォトジェニック」が商品開発のキーワードになっている。特に、フルーツをふんだんに使ったケーキやタルト類、クリスマスなどのデコレーションケーキ、パフェなどのカフェメニューで、インスタ映えを意識した商品が多く投入された。夏のギフト商戦の主力商材であるゼリーや涼菓でもカラフルな商品や多層化した商品が目立った。

その一方で、シュークリームなどシンプルな菓子類は、素材や製法を見直し、おいしさを追求した。

日刊工業新聞2018年6月13日

明 豊

明 豊
06月13日
この記事のファシリテーター

僕はかなり貢献してますよ。この1年は特に「干し芋」

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。