先端のIoT住宅は食事もアドバイスする

NTTドコモなど横浜市で実証実験

 NTTドコモは、室内環境や居住者の健康状態、生活動線などをIoT(モノのインターネット)で分析する2回目の実証実験を始めた。相鉄文化会館駐車場(横浜市泉区)に設置したIoTスマートホーム(写真)で、被験者が自宅にいる時と同じように1週間生活し、実験前後での状態や意識の変化、行動の変容を検証する。

 今回新たに凸版印刷の床センサーを用いて被験者の動線を分析する。フードットログ(東京都文京区)の食事解析システムを用いたアドバイス、その日の気候に応じて適切な化粧品を提供する資生堂の化粧品吐出マシンの実証なども行う。実証は9月24日まで実施し、7月12日に実証の様子を公開する。

 2017年12月―18年2月に行った第1回実証では、さまざまなIoT機器からデータを収集するドコモの基盤の運用や行動パターンの可視化を行った。第2回では個人の生活パターンを定量的に評価して、居住者に合った快適な居住空間の実現を目指す。

日刊工業新聞2018年6月13日

葭本 隆太

葭本 隆太
06月13日
この記事のファシリテーター

実証実験はAIおよびIoTを活用して快適な室内環境づくりを検討する「未来の家プロジェクト」の取り組みの1つです。横浜市などと進めています。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。