富士通、ブロックチェーンで観光地や商店街を支援

クラウドサービス提供開始、2020年度までに100件の販売を見込む

 富士通は6日、ブロックチェーン(分散型台帳)を活用し、観光地や商店街といった特定地域で期限内に利用できるデジタルのポイントやクーポンなどを提供できるクラウドサービスを発売したと発表した。ブロックチェーンに関する専門知識や専用のシステムを保有しなくてもサービスを活用できる。消費税抜きの価格は月額150万円から。2020年度末までに累計100件の販売を見込む。

 「ブロックチェーンアセットサービス」はクーポン、スタンプなどの内容や取引記録をブロックチェーン上に登録して管理する。観光地や商業施設内で開催されるイベントなどと連動させ、分散型台帳上に記録されるポイントの取得・使用データを利用者情報とひもづけて分析できる。

 利用者はスマートフォンなどを用いて、特定の地域内に設置されたQRコードなどからポイントやスタンプを獲得し、特定地域内の店舗や商業施設などで使用できる特典やクーポンに変換できる。
 

日刊工業新聞2018年6月7日

日刊工業新聞 記者

日刊工業新聞 記者
06月11日
この記事のファシリテーター

観光地巡りや商業施設のイベント主催者は、利用者の行動パターンやクーポンなどの使用状況から、集客率の向上や購買意欲の増進につながる効果的な戦略を立案できる。
(日刊工業新聞社・斎藤実)

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。