高成長のエアバッグ市場、旭化成がベトナムでナイロン繊維年1万トン生産へ

 旭化成は、ベトナムに自動車用エアバッグに使うナイロン繊維の新工場を2022年に建設する方針を固めた。稼働当初は年産1万トンで始める。原糸のほかに基布(きふ)など下流工程への進出も検討する。エアバッグは世界的な自動車生産台数の増加に加えて、先進国中心に1台当たりの搭載数が拡大。さらに新興国での規制強化も需要拡大の追い風となっており、生産体制を増強することでグローバルな需要増への対応力を強化する。

 旭化成は、ベトナムでエアバッグ原糸となるナイロン66繊維の工場建設に向けたFS(実行可能性調査)を始めた。北部のハノイと南部のホーチミン周辺を候補に立地などを詰めている。22年の工場稼働当初は年産1万トンだが、将来は同3万トンまで増設する計画。総投資額は100億円規模の見込み。ナイロン66繊維事業で初めての海外工場となる。

 同社は原糸の製造に特化しており、その糸をもとにした基布の製織や縫製は住友商事や帝人グループとの共同出資会社でそれぞれ手がけてきた。ベトナムでも既存の枠組みを活用して、下流工程に乗り出す可能性がある。競合の東レや東洋紡は原糸から基布まで一貫生産体制を敷く。

 旭化成は宮崎県延岡市の既存拠点で増強工事中だ。19年度内に新設備を稼働させ、ナイロン66繊維の生産能力を現状比15%増の年3万8000トンに引き上げる。ただ同社唯一のナイロン66繊維工場は拡張余地がなく、事業継続計画(BCP)の観点からも新たな生産拠点が必要だった。

 エアバッグの世界市場は成長率が年4%で、アジア地域に限れば7%とより高い伸びを予想する。先進国では一般的な運転席や助手席用以外に、自動車の側面窓と乗員の間に展開するサイドカーテンエアバッグが標準装着されつつある。また、歩行者用や、運転席と助手席間のセンターエアバッグなど搭載部位は今後増える傾向だ。インドや中国でも安全規制の強化により需要拡大が確実視される。

日刊工業新聞2017年5月24日

峯岸 研一

峯岸 研一
05月25日
この記事のファシリテーター

 エアバッグは、新興国や中進国の自動車販売増に加え、先進国では1台の装着箇所の広がりもあり需要が増えています。しかも、自動車は、EV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)、PHEV(プラグイン・ハイブリッド車)の本格普及が見込まれるとともに、「安全性」へのニーズが高まっています。その「安全性」を高める部材の一つがエアバッグであり、年率8-10%のペースで需要増が期待されています。
 しかし、世界でエアバッグ向けのナイロン66・強力糸を生産する原糸メーカーは少なく、そのなかで日系メーカーが強みを発揮しています。具体的には旭化成、東レグループ、東洋紡。それにインヴィスタグループ、東洋紡グループであるPHPの5社グループが圧倒的なシエアを占めています。その他に中国、台湾、韓国メーカーも生産していますが5社グループに遠く及びません。しかも、東レグループは生産糸の全量を自社グループ内での基布生産に振り向けて外販していません。つまり、エアバッグ向けナイロン66・強力糸は現状で供給体制が十分とは言えず、今後の需要増に見合った供給体制強化が不可欠になっています。こうした良好な需給見通しを背景に旭化成がベトナム新工場建設のFSを開始するのは当然と言えます。なお、生産開始時期は異なりますが、昨年1月24日付けの本紙に今回とほぼ同じ内容の記事が掲載されていました。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。