美肌や肩こりに最適なお風呂、湯船に浮かぶロボがお知らせ

博報堂が開発、2019年度に発売へ

  • 0
  • 0
博報堂が開発した「フーロン」
 博報堂はIoT(モノのインターネット)を使って最適な入浴環境を伝えるロボット「フーロン」を開発した。スマートフォンから事前に設定した内容に応じ、適切な入浴時間や湯温を知らせる。2019年3月期中に協業先を募り、20年3月期の発売を目指す。

 ユーザーは事前にスマホ経由で「美肌」「肩こり」などのモードを設定。フーロンを湯船に浮かべると自動的にスイッチが入り、湯温と入浴時間をセンサーで測定する。

 湯温が高すぎたり低すぎたりした場合は、内蔵している発光ダイオード(LED)が点灯。モードに適した入浴時間を迎えると、点滅して知らせる。

 博報堂は入浴時間などのログデータを東京都市大学、東海大学と共同で解析し入浴の実態を把握する。データはユーザーがスマホで確認し、健康管理に役立てられる。

 高齢者の入浴事故防止に向けた機能も備えた。フーロンを湯船に浮かべた状態が長時間続くと、近親者らのスマホに警告が届く。

日刊工業新聞2018年5月18日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局DX編集部
ニュースイッチ編集長

例えば「美肌モード」を設定すると、長湯による肌からのセラミド流出などを防ぐ適切な湯温と入浴時間を知らせてくれるようです。ほかにも「花粉症モード」や「ダイエットモード」などがあるとか。ちょっと面白そう。販売価格が気になります。

関連する記事はこちら

特集