時代に逆らえず。「100年企業」の倒産・休廃業・解散が過去最高に

最多更新461件

 帝国データバンクがまとめた業歴100年以上の老舗企業の倒産・休廃業・解散の動向調査によると、2017年度は前年度比2・2%増の461件となった。3年連続で前年度を上回った。さらに、リーマン・ショックが発生した08年度や、東日本大震災のあった12年度、人手不足が顕在化した16年度も上回り、過去最多を更新した。

 このうち、法的整理となった老舗企業は、同18・6%減の79件だった。休廃業・解散となった老舗企業は、同7・9%増の382件と、00年度以降で最多だったほか、4年連続の前年度の実績を上回った。

 00―17年度の18年間での老舗企業倒産・休廃業・解散件数の合計は6432件で、倒産や休廃業・解散全件の約1%を老舗企業が占める。

 後継者難や消費者の好み、時代の変化、規制の改正や緩和、産業構造の変化に対応困難となり、事業継続を断念したケースが多い。特に郊外の大型量販店やショッピングモールといった大型商業施設の進出が大きな脅威となっていた。

 また、得意先や関連会社の倒産で販路を失い、事業継続できない老舗企業もあった。

 帝国データバンクでは、老舗企業が生き残るためには、環境変化に対応し、これまでに蓄積してきた「軸」を守りつつ、新たな挑戦を続けることが一層求められるとしている。
                     

日刊工業新聞2018年5月17日

平川 透

平川 透
05月17日
この記事のファシリテーター

市場競争で淘汰されることは仕方のないことでしょうが、伝統やノウハウなどはどこかにアーカイブ的に残って欲しいです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。