自動車エンジンの熱効率、国のプロジェクトで50%目前!

ガソリン47・2%、ディーゼル48・6%達成、今年度中に目標値へ

 トヨタ自動車や慶応義塾大学、東京大学などの研究グループは、国のプロジェクトで研究開発を進める自動車エンジンの熱効率が、2017年度で47%以上を達成したと明らかにした。燃料の高効率の燃焼技術や部品の摩擦低減などにより、熱効率はガソリンエンジンが47・2%、ディーゼルエンジンが48・6%に達した。今後、実機に技術を導入し、18年度中に熱効率50%を達成する。

 熱効率を現状の40%から50%に向上させると、大幅な省エネルギー化につながり、自動車産業の競争力向上や温室効果ガス削減目標に貢献する。

 内閣府が主導する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の一つである「革新的燃焼技術」プロジェクトで実施。慶大や東大、京都大学、早稲田大学など79大学が集まり、ガソリン燃焼や損失低減など4分野で研究を進めている。さらにトヨタ自動車やホンダ、産業技術総合研究所などが参加するコンソーシアム「自動車用内燃機関技術研究組合」(AICE)が連携する。

 SIPのプログラムディレクター(PD)を務めるトヨタ自動車の杉山雅則エグゼクティブアドバイザーは14日、「基礎から実用までの取り組みを大学や企業と行う“産産学学連携”を今後も進め、残り1年で熱効率50%を達成したい」と述べた。

 プロジェクト内では熱効率向上に向け成果が出始めている。ガソリン燃焼チームは、ガソリン燃焼時に燃焼気体の一部が自着火し、その際の圧力波によりエンジン部品にダメージを与える「ノック」という現象に着目。詳細な反応計算により燃焼気体の状態を予測し、温度や圧力を制御することでノックを抑える可能性を発見した。今後、着火を抑える技術開発につなげる。
               

日刊工業新聞2018年5月15日

明 豊

明 豊
05月16日
この記事のファシリテーター

自動車業界では、電気自動車(EV)などの新エネルギー車が注目されるが、2040年時点でもガソリンエンジンなどの内燃機関を持つ自動車は世界の自動車台数の7割以上を占めるとされる。日本政府は、内燃機関の効率向上も技術上の重要課題と見てSIPにより支援する。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。