グーグルの家庭用Wi-Fiルーター、最速帯域を自動選択

  • 0
  • 3
 米グーグルの日本法人は、複雑な接続設定が不要で、家族のWi―Fi(ワイファイ)利用時間も管理できる家庭用Wi―Fiルーター「グーグルWi―Fi=写真」を26日に日本国内で発売する。グーグルストアや量販店などで販売する。消費税抜きの価格は1万5000円。3台パックは3万9000円。

 最速なWi―Fiチャンネルや通信帯域を自動的に選択し、接続する端末が最も適したWi―Fiを使えるようにする。専用のアプリケーション(応用ソフト)を通じてスマートフォンで簡単にネットワークを管理することが可能。同アプリの一時停止機能やスケジュール機能を使えば、就寝時などに子どもの端末のWi―Fi通信を切ることができる。アンテナを内蔵するなど見た目もシンプルにした。グーグルWi―Fiは海外で2016年11月に発売。

日刊工業新聞2018年4月27日

COMMENT

子供がいないので読んでハッとしましたが、確かに通信管理にはニーズがありそうですね。子供は不本意でしょうが。

関連する記事はこちら

特集